町屋光明寺 東京御廟 本館の口コミや評判

公開日:2022/09/01  最終更新日:2022/09/05

町屋光明寺 東京御廟 本館の画像

町屋光明寺 東京御廟 本館
住所:東京都荒川区荒川7-5-8
TEL:03-5810-5050
参拝受付時間:10:00~17:00
定休日:毎月第一、第三水曜日

亡くなった方の遺骨を安置しておく納骨堂。運営の母体は主に、寺院・公営・民営の3種類があります。一般的な野外のお墓と違い、納骨堂には、納めるスペースのタイプや、利用年数によるプランなどがあります。この記事では、東京都で納骨堂を探している方に向けて、町屋光明寺の、東京御廟本館をご紹介します。

500年の歴史を持つお寺が直接管理しているから安心

まずは、町屋光明寺の東京御廟とは、どんなところなのかを紹介します。町屋駅から徒歩3分という、アクセスしやすい場所にあります。歴史がありながらも、先進的な技術を導入し、多くのご家族のお参りを受け入れている、納骨堂です。

500年の歴史がある光明寺が運営・管理

仏教を通じて、供養・社会貢献・布教活動を、3本の柱として活動している、町屋光明寺。多くの変化を伴いながらも、500年もの間、法統を守り続けています。

その町屋光明寺が、直接管理を行っている東京御廟本館。お参りに行けるご家族がいなくなっても、永代供養をしてもらうことができます。永代供養とは、霊園やお寺が、故人を長きにわたり供養してくれる、埋葬方法のことです。

終活カウンセラーによるアドバイス

近年、耳にすることが多くなってきた、終活という言葉。自分が亡くなったときのことを考えておくことで、残りの人生を、安心して楽しむことができます。町屋光明寺の東京御廟には、終活カウンセラーの資格を持ったスタッフがいます。本人はもちろん、その継承者のお子さんたちの不安要素にも応えてくれます。

自動搬送式で10年の実績

東京御廟本館は、自動搬送式の納骨方法を導入しています。これまでに、4,000組のご家族に、満足してもらった実績を持っています。

納骨堂によって多少の違いはありますが、東京御廟本館の、自動搬送式の参拝方法を紹介します。会員のカードを持っている方は、受付をせずに入館・退館ができます。それぞれのタイプごとに、ブースが設けられており、空いている場合はすぐに参拝を開始できます。

横並びに墓所が複数ありますが、仕切られているので、プライベートは保たれます。場所を決めたら、カード読み取り機に、カードをかざします。読み取りが完了すると、故人の方が眠っている部屋から、お墓へと運ばれます。

あとは、時間の許す限りご参拝をしてください。終わりましたら、カードを取ると自動で扉が閉まります。以上が、参拝の仕方です。

お手頃な室内墓所のプラン

東京御廟が、納骨をする際のポイントと上げているものが、3つあります。日頃の参拝のしやすさ・費用面・納骨までの期間です。この3つをクリアするには、室内墓所がおすすめとのこと。ここからは、東京御廟本館のプランを紹介します。

代々守り継いでいける先進の室内墓所「はくたい」

まずは、はくたいというプランを紹介します。納骨数によって、タイプが4つあります。3名以上からで、無制限に納骨ができる、ファミリータイプ。価格は88万円(非課税)で、年間維持管理費が、1万3,200円(税込)です。

2名向けのツインタイプ、ゆかり。価格は66万円で、年間維持管理費が、1万1,000円(税込)です。1名向けのシングルタイプ、しずか。価格は55万円で、年間維持管理費が、1万1,000円(税込)です。

2区分契約できる、スイートタイプ、ゆい。価格は170万円で、年間維持管理費が、2万6,400円(税込)です。全骨を納骨する場合は、骨袋で8名まで収蔵可能です。

モダンなパーソナル墓所「ともしび」

1名向けのプランで、骨壺や骨袋に入れた状態で、納骨棚に収められます。シングルタイプは現在、期間限定キャンペーン中です。価格は25万円(非課税)で、年間維持管理費が、6,600円(税込)です。

キャンペーンの終了時期や、終了後の価格などは公開されていないため、気になる方は、お早めに問い合わせてみてください。2区利用できる、ダブルタイプは、48万円で年間維持管理費が1万3,200円(税込)です。

永代供養墓「びゃっこう」

東京御廟副本堂で、永代供養をしてもらえるプランです。価格は一式10万円(非課税)で、管理費はありません。

アフターフォローの充実度

先に説明したように、東京御廟では一度納骨すれば、しっかりとした管理をしてもらえるので、安心です。ご家族の方は、故人にお会いしたいときに、会員カードだけ持参すれば、参拝することができます。お花や供養物の持ち込みは自由ですが、必ず持ち帰るようにとのことです。

また、東京御廟本館では、毎月第一土曜日に、祥月命日講という行事が行なわれます。その月に亡くなった方のために、僧侶が読経をしてくれます。ご家族の方も参加できます。該当する故人の、ご家族の方々の集会形式で行なわれます。もちろん、都合がつかない場合は、参加できなくても大丈夫です。

まとめ

いかがだったでしょうか。この記事では、東京都で納骨堂をお探しの方に向けて、町屋光明寺の、東京御廟本館をご紹介しました。故人を手厚く供養したいけど、なかなか参拝には行けないかもしれない。自分が居なくなった後に、家族に苦労をかけたくない。そんな方のために、納骨堂があります。

亡くなったときのことを考えるのは、少し寂しいかもしれませんが、考えることにより、残りの人生を大切に生きることができるのではないでしょうか。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

納骨堂とは名前の通りに、遺骨を納める場所のことです。お墓は購入した自分たちの区画に直に遺骨を埋めたり、墓石の下に骨壺を安置したりしますが、納骨堂は購入したスペースに骨壺を納めて保管します。夫
続きを読む
池袋は丸ノ内線やJR、西武池袋線などが通っており、様々な場所からアクセスがしやすい地域となっています。そのため池袋の納骨堂を契約したいと考えている方は、少なくないのではないでしょうか?本記事
続きを読む
近年、お墓ではなく納骨堂を利用する人が増えてきています。室内に骨壺を保管することで、訪問や管理が便利な点がメリットとしてあげられます。新宿など人口が多い地域は納骨堂の数も多く、どこを選択すれ
続きを読む